和歌山ボードゲーム遊戯会

和歌山県紀の川市粉河にある古民家・山﨑邸。
現在は創cafeというお店が入っており、そこのスペースをお借りしてボードゲームを楽しもうという会です。

ボードゲームと言うと、人生ゲームなどの双六を思い浮かべるかもしれませんが、それだけではありません。
カードゲームから、コンポーネントと呼ばれるパーツを多用する複雑かつ豪華なゲームまで、様々あります。
また、ドイツがボードゲームの本場ですが、日本でもインディーズから機運が盛り上がっています。
ここがそんな幅広く奥深い世界の入り口になれれば幸いです。
みんなでにぎにぎと盛り上がりましょう!

次回開催日は、12月17日の土曜日の夜です。

時間は午後17時~21時頃までを予定。
延長の可能性アリ。

スターティングゲームは、とくに決まっていません。
遊戯会に、「これがしたい!」というゲームを持ち込んでも大丈夫です。
ボードゲームだけでなく、TCGでも、オリジナルゲームでもいいですよ^^
オリジナルゲーム会なんぞもいつか開きたしヾ(:3ノシヾ)ノシ

初回は無料。
2回目の参加からは会費として200円をいただきます。
会費はゲームの購入など、遊戯会の活動に当てられます。

ただし、ゲームを持って来てくださったり、寄贈をしてくださった方からはいただきません。

見学だけでももちろんOK。
飛び込みも歓迎します。
中学生以下は保護者の同伴が必要です。

カテゴリー「基本事項」と「アクセスマップ」にお目通しをお願いします。
ご質問がありましたら、コメント欄にどうぞ。
良識を守り、みんなで大いに楽しみましょう!

11月12日、第22回和歌山ボードゲーム遊戯会がもよおされました。

16時半ごろから、3人で早めにゲームをはじめます。
まずは軽く「ゼロ」。

手札内で、同じ数字5枚か、もしくは同じ色を5枚集め、0に近づけるゲームです。
5枚以上なら、その数字はカウントされませんが、それ以外の数字は失点となってしまいますので、場札5枚と手札を交換しながら勝利を目指します。

筆者は初期手札にも恵まれ、第1戦は0を宣言し大勝利!
ところが第2戦第3戦は、欲しいカードが場札に置かれず、あと一歩が届きませんでした。

そうこうしている内に、参加者さんが集まりましたので、本格的に遊戯会のはじまりです。

Mさんがお持ちくださった「ラストスパイク」卓。
遊戯会所有の「シーズンズ」卓。
そして、筆者の自作ゲーム「トリックオアトリート」卓に分かれます。

DSC_0258

100円ショップで、ジャックオーランタンの2個一組の駒を手に入れてから考えたオリジナルボードゲーム。
毎回並び変わるタイルは訪問先の扉で、そこにはキャンディが置かれています。
ダイスの出目だけ駒を動かし、止まったタイルのシンボルと同じシンボルの手札を使うことで、キャンディが手に入ります。
カードには効果があり、うまくコンボが発生すれば、大量のキャンディを手に入れることも可能です。

実際のゲーム展開は、MHさんの手札が恵まれないこともあり、MOさんの勝利となりました。
カードの効果はもちろんのこと、使用法ももう少し練り直す必要がありそうです。
プレイを重ねることは大切ですね。
この経験を生かし、良きゲームにしたいと思います^^

筆者の手が空き、Kさんも来られましたが、まだ他の2卓は終わりそうになかったので、「バトルライン」をば。
Kさんはバトルラインにも精通しておられ、筆者が手札に泣かされながら出している内に、あれよあれよとフラッグを取られ負けてしまいました(^^;

単に手札運だけでなく、プレイングでもおよばず完敗でした。

続いて、Kさんが取り出しのは、韓国のパーティーゲーム「トゥクトゥクウッドマン」です。
DSC_0260

一見だるま落としの大木版みたいですが、斧で木をたたき、樹皮だけを落とさなくてはなりません。
もし幹ごと落としてしまったら、樹皮を手に入れてもそれ以上の失点をかぶり、大変なことになるのです。
はい、筆者はご期待にそえて幹ごといきましたよ-☆

なので慎重になりすぎてたたいても動かせないなんてこともあったり(^^;
ですが、大人も一喜一憂できる楽しいゲームでした。
こういうゲームも遊戯会にひとつふたつあってもいいかもしれませんね^^

そうこうしている間に参加者さんたちがさらに来られて大盛況!
ふたたび卓を分け、それぞれゲームに興じます。

次に筆者は「チケットトウライド アメリカ」を。
これはそれぞれが持つ列車駒をボードに並べ、自分のゴールカードに書かれた都市同士をつなげて得点をかせぐものです。
写真は忘れましたよっと。

最初はうまくつなげてゆけるか、伸ばせてゆけるか心配でしたが、初期手札や、場札獲得、神頼みしたドローに恵まれて、良い調子で進みます。

ですが他の皆さんも順調に列車を伸ばされ、ボードにはカラフルな列車が縦横に配置されました。
自分の番までに置きたい場所を取られやしないかというドキドキ感と戦いながらいよいよ最終の勝利点計算に。
筆者は95点獲得!
これは勝ったかとテンションが上がったのですが……、さらにその上の99点を取られ、おしくも勝利を逃してしまいました。
今回は手札にも救われた部分があったものの、またやってみたいゲームです^^

一方後ろの卓では、
DSC_0265
魔法の絨毯が浮いていました。

そろそろ締めにと「マフィア・デ・クーバ」をプレイします。
アダルトプレイヤーだけでなく、中学生のヤングプレイヤーも混ざり、ボスのお宝をうば……もとい忠実なる部下を演じます。
これはブラフゲームですので、芝居がかったノリでプレイすると本当に楽しい。
若い皆さんもノリノリで、ノリノリすぎて宝石を取り過ぎという状態に。
そういうこともありつつ、ボスが我々の腹を探り、裏切り者を探ります。

21時を過ぎましたので帰宅したヤングチームのあとも、アダルトチームだけで引き続きプレイし、ボスのおだてあい……もとい信用を得んがために発言します。
ボスをやるのも部下をやるのも難しいですが、大人数で、人狼よりも手軽にできるため、なかなかの良ゲーです。
ノリが良ければ良いほど楽しいですね^^

そうこうしている内に時間となりお開き。
今回は大人数で、しかし新規さんも多く、若人も居て、にぎやかな1日でした^^

ボードゲームには年齢も性別も国籍も関係ない。
マナーを守れば誰でも楽しめるものだと思います。

これからもたっぷりがっつり遊べるゲーム会にしてゆきたいですね。

次回は12月。
おそらく今年最後になると思います。
年忘れということでまたにぎやかに遊びましょう!

皆さまのお越しをお待ちしておりますm(_ _)m
新規さんも大歓迎ですよ-☆

次回開催日は、11月12日の土曜日の夜です。
第3土曜日ではありませんのでお気をつけください。

時間は午後17時~21時頃までを予定。
延長の可能性アリ。
ですが、今回も終電には帰らないといけません(^^;

スターティングゲームは、とくに決まっていません。
遊戯会に、「これがしたい!」というゲームを持ち込んでも大丈夫です。
ボードゲームだけでなく、TCGでも、オリジナルゲームでもいいですよ^^
オリジナルゲーム会なんぞもいつか開きたしヾ(:3ノシヾ)ノシ

初回は無料。
2回目の参加からは会費として200円をいただきます。
会費はゲームの購入など、遊戯会の活動に当てられます。

ただし、ゲームを持って来てくださったり、寄贈をしてくださった方からはいただきません。

見学だけでももちろんOK。
飛び込みも歓迎します。
中学生以下は保護者の同伴が必要です。

カテゴリー「基本事項」と「アクセスマップ」にお目通しをお願いします。
ご質問がありましたら、コメント欄にどうぞ。
良識を守り、みんなで大いに楽しみましょう!

このページのトップヘ