6月7日日曜日の昼に、第4回遊戯会が開催されました。
DSC_0141
今回は。すわっ、運営の二人だけ! になりそうだったところ、エルシティオのメンバーさんたちお二人が来てくださり、寂しいことにはなりませんでした。

セーフです。セーフ。
お二人に感謝!

エルシティオでもゲームが盛んらしく、とくにTCGが活気づいていると聞いてうらやましく思いました。

そんなお二人でも、まだやったことのないゲームがあり、まずはカタンからプレイすることになります。
タイルの配置は初心者用で、T代表のルール説明から入り、カタンの世界に入り込みました。

エルシティオではゲームでガチでぶつかり合うという言葉通り、隣り合ったお二人は早速火花を散らしておりました。
交渉、ダイス運、発展カードの引き。
それらの要素が絡み合ってゲームは進行し、エルシティオのお一方がリーチに達してから他の三人も追い上げようとしましたが、結局届かず、今回は1時間30分ほどで、その方の勝利となり終了しました。

写真を撮り忘れたのが痛恨の極み!
すみませぬ。

次はまた初めてというカルカソンヌです。
DSC_0138
今回は街のタイルが小さく完結されるものが多く、奇妙な都市群が出来あがってゆきます。
ちまちまと、どういう設計思想だよと突っ込みが入りつつ、それぞれが点数を重ねました。
筆者は良いところがなかったものの、T代表が得点を伸ばし、勝利を収めます。
経験者の面目躍如でしょうか。
えっ? お前も経験者だろって? いえ、筆者のことには触れないでください……(くすん

次は、重いゲームが続いていましたので軽めに、予告ではスターティングゲームとしていたラブレターをしました。
DSC_0139
ラブレターには追加カードも加えたのですが、それのためか、ごく短い時間で決着がついてゆきます。
元々同人ゲームであるラブレターですが、海外で高い評価を受けているものの、個人的には脱落が多過ぎる気がして、物足りなさを感じますね。
あと、早期に脱落した人は退屈ではないかと心配になったり。
もっとやり取りが出来た方が個人的には好みです。

ここまで時間が経ったところで、エルシティオのお二人はタイムリミットとなり、帰られました。
でも、次回夜に開催するときは、他のメンバーさんの都合もつくそうなので、人数が増えるかもしれないとのこと。
楽しみです。

二人になりましたが、まだ閉会には時間があったのでゲーム会は続けます。

お次は交易王です。
DSC_0140
手札を出すことで需要を決め、お金を稼ぐものですが、T代表の稼ぎ方がえげつなく、筆者も追い上げたものの届かずじまいで負けてしまいました。
前回の交易王でも大差を付けられたので悔しいですね。
T代表は金運に恵まれているのでしょうか。
えっ、筆者が弱いだけ?
ぐはっ!

最後はデザインタウンです。
写真はまた撮り忘れ……。

これはデッキ構築ゲームの一種で、手札の概念がなく、公開されている山札をめくってゆくことでお金や勝利点を稼いでゆくというものです。
筆者はデメリットのある住宅地というカードをT代表に押しつけつつ、勝利点を持つセントラルパークを購入するという戦術で攻め、久方ぶりに勝利を収めることが出来ました。

筆者の場合は勝ち負けよりも楽しむことが第一ですが、やはり勝つのも嬉しいものです。

5時を過ぎたところでゲーム会は終了。
ぶっ通しでやり続けましたのでちょっとばかし疲れました。
今度からはチョコレートなりなんなり、甘いものを用意した方がいいかもしれませんね。

今回はそんなにも超過することがなかったので、理想的な時間配分ではないでしょうか。
エルシティオの方たちとも交流出来ましたし、次回は多人数で来られるということなので、また楽しめそうです。

気になる未購入ゲームもありますので、次回もまた新作が増えているかも……しれません。
ちなみに、ゲーム会にボードゲームを寄贈してくださいましたら、会費は免除になったりしますw

ぜひ皆様もご参加くださいね。