カフェの仕事終わりにもボードゲームで遊ぶことがあります。

本日は購入したてのバトルラインをプレイ。
日本語版はプレミアが付いてもの凄く高いので、和訳ルールの入った英語版ですが、ルールは至ってシンプルなのでインストに問題はありませんでした。

ですが、ルールはシンプルでも奥が深い!
カードを出し役を作ってゆくだけなのに、どの役を狙うか、どっちの役に方向を定めるか、でもすでに必要なカードは場に出されているので出来ないなど、駆け引きやジレンマがほどよくミックスされており、もう一回もう一回とやりたくなります。
また、効果付きのカードを加えることでさらにやり応えがあるものに

筆者は初戦に勝ったものの、遊戯会代表のTさんが本領を発揮すれば歯が立たず。
しかもTさんはただ勝つだけでなく、自分自身に制約を貸し、その条件を満たす勝ち方を目指しても勝ってしまうので凄いと思います。

えっ? 筆者が弱い?
下手の横好きですみません!

でも筆者の場合は過程がいかに楽しいかというのも大事なので、ボードゲームを遊べるだけでもいいのですよ。
そりゃ勝ちたいですけどね……。

ボードゲームはやっぱり面白いということで。
ご興味のある方は、和歌山ボードゲーム遊戯会にぜひともご参加くださいませ^^