※8月の和歌山ボードゲーム遊戯会は平常通りあります。
    8月20日の土曜日、17時からです。
  よろしくお願いします。


8月15日に1日限定で開催しましたボードゲームカフェ。
当初はお盆休みも終わるしどうかなとハラハラしていましたが、ゲーム会にも来てくださっている皆さまがご来店くださり、無事に営業することができました。
心よりお礼を申し上げます。

DSC_0239

DSC_0240

皆さんは楽しい1日になりましたでしょうか。
筆者はスタッフとして機能していませんでしたが、ゲーム達者な方々がインストのお手伝いをしてくださり、大助かりでした。
やっぱりルール説明は、そのゲームをある程度やり込んでいないと難しいですね。
また、しばらくやっていないと忘れていたり(^^;

それでも皆さんがボードゲームをしているのを見させていただいていると、なんだか幸せな気持ちになります。
プレイするのもいいですが、こうして様々なプレイを眺めているのもなかなかおつなものでした。

色々と反省点がありつつも、スタッフとしても楽しめた1日でした。
ありがとうございます!

果たして第3回はあるのかな???


さて、話は変わりまして、今回ボードゲームカフェをするに辺り、やはり本物のボードゲームカフェを体験しないといけないだろうということで、T代表とともに大阪に行ってまいりました。

まず1件目は、「ボードゲーム喫茶デザート*スプーン」さんです。
DSC_0233

こぢんまりとした店舗でしたが、中にはボードゲームがぎっしり!
筆者たちはもう1人のお客さまと早速ゲームをプレイすることに。
面白かったのが、言語依存の無いゲームをおすすめしているということです。

言語依存とは、カードにテキストがいっぱい書いているという感じですが、それが無いというのは例えばイラストで表されているとか、そもそもテキスト表記がいらないというシステムのようなものです。
そこで3~4つほど、時折マスターも混ざりつつ遊ばせていただきました。

やはり感心したのは、マスターの説明のうまさです。
すらすらと言葉が出て、ルールだけでなく要点も教えてくださりました。

すべてのボードゲームを把握されているかは分かりませんが、マスターが選んだものでなく、自分たちが手に取ったゲームでも説明できてしまうのがすごかったです。

続いては2件目「賽翁」さんです。
DSC_0237

落ち着いた感じのお店で、ボードゲームをディスプレイのように配置なされていました。
カウンターではおふたり連れがカードゲームを興じておられ、筆者たちはテーブルについてまず飲み物をば。

そこで頼んだ珈琲がとても美味しかったです。
フレンチローストという焙煎の仕方らしいですが、まろやかで酸味が無く、かと言って淡泊でもない。
とてもこだわりを感じさせる珈琲でした。

このお店では2人でボードゲームをしたのですが、そこでもマスターの説明はスムーズ勝つ丁寧で、とても分かりやすく飲み込めました。

今回のボードゲームカフェ視察で学んだことが多かったですし(生かせなかったですが……)、ボードゲームカフェはゆるやかな感じでいんだという自信も持てました。

また訪れてみたいですね。
今度は泊まりでかな^^

ボードゲームは見聞を広めるごとに面白さが増し、これかも楽しんでいけたらと思います。
もちろん独りでなく、一緒に遊ぶ皆さんと共に。