8月20日、第19回和歌山ボードゲーム遊戯会が催されました。

スターティングゲームは、白浜からお越しのNさんによる「ごいた」のレクチャーから。

ごいたとは、石川県能登町宇出津(うしつ)地区にて、百年ほど前から遊ばれ続けている伝統ゲームだそうです。
駒は将棋に似ていますが、裏面は書かれていません。

4人対戦で、2人対2人で戦います。
ルールは、
まず駒を各自8枚裏向きのものを取り、手持ちにします。

相手の攻め駒に対して同じ駒なら受けることができます。
そしてこちらは相手が受けづらい駒を選択し、出すわけです。

こう書きますと至ってシンプルですが、ペア戦であることを忘れてはいけません。
つまりパートナーが何を持っているか、自分の駒を出すことで有利に運ぶことを意識するわけですが、いやはや初心者にはそんな高度なことはなかなかできません(^^;
ある程度セオリーがあるらしいですが。

2戦目は筆者は抜けて、別卓へ。
そこでは「コンプレット」をおこないました。
DSC_0243

スタート時点では各プレイヤーが持つ木製タイルはすべて伏せられています。
その裏には1~100までの数字が書かれていて、目指すのは手持ちタイルを左から右へ昇順に並べすべて表向きにすれば勝ちとなります。

始めの数ターンは中央のタイルを手持ちタイル列に加えるだけですが、22個になってからは、自分の裏向きタイルと交換しなければ加えることはできません。
交換は手持ちの裏向きタイル1個を取り、取ったところに入れます。

それを繰り返すだけなのですが、なかなか難しい。
一度表向きになったタイルは取り除けないので、数がそろい始めると詰め詰めになって新たに加えられない事態も発生します(その場合、表向きのまま中央に返す)。
また、加えたタイルと手持ちが連番となったときは、もう一手番おこなえるのですが、すでに埋まっていたりして簡単に狙うことができません。
それでも筆者以外の皆さんはわりかしそろえ、ずっと俺のターンしちゃってましたが。

そしてもう1つのルールとして、タイルを手に入れる代わりに、手持ちタイルの一部を別の場所に移動させることもできます。
それにより、すでに中央で表向きになっているタイルの予約が可能になるわけです。
つまり、それをおこなうことで、他の方がそのあとに同じタイルを手に入れようと移動させても自分の方が手番が早いために確実に取れるということ。

そういうのを繰り返してゆくわけですが、筆者の前の手番のHさんが、筆者の欲しいタイルをどんどん取ってゆかれるorz
後手後手に回り、結局2戦したものの、すべてHさんが勝利をもぎ取っていかれました。

シンプルながらに白熱するゲームです。

お次は「ひも電」というこんなアイディアがあったのかというゲーム。
DSC_0245

ひも電は、駅舎タイルを山札から引いて、自分の線路であるひもで繋いでゆき勝利点を稼いでいくものです。
まさかこんなメカニクスがあったのかと思わず感心。
相手の線路をまたいだら失点があるので皆さん慎重に線路を拡張してゆきます。

ですが、筆者は山と川を他のプレイヤーと挟んだ場所にいるので、悠々自適に線路を拡張できました。
最終的にそういうアドバンテージもありつつ、1本ある長いひもで大量リードし、勝利を収めることができました。

これは10年前ぐらい前の同人ゲームだそうですが、よく出来ていると思います。

お次は「8分帝国 - 伝説」。
写真を撮るのを忘れますた……。

これは4つのボードに描かれた島の支配を目指すというもの。
それぞれ初期資金と軍隊駒を貰いスタート。

島はいくつかのエリアに分かれているのですが、そのエリアに対して影響を与えるには場札を購入しなければなりません。
場札には色々効果があり、購入すればすぐに発動します。

場札は左から右へと高額になり、1枚取られたら左へとずれ、補充されます。
つまり、最初は高くても、待っていれば安くなるわけです。
んが、そんなことしてたら誰かに取られるので、悠長なことはしてられません。

また場札には、特定の場札をそろえていれば勝利点が加算されるものもありますので、そういうものも狙う必要があるわけです。

とは言うものの、筆者がそろえようとしていた場札のシリーズがなかなか出ず。
ですので、それは見切りを付け、本筋である島の制覇を目指します。

とにかく物量だと、拠点を立てたり、大量の部隊駒を派遣したり。
その結果――あれ? 勝ったの誰だっけ。
忘れますた(^^:
筆者が逃げ切ったんだったかなー。


そんなお茶目っぷりを発揮しつつ、21時を迎えましたので重めのゲームをラストのつもりで始めます。
DSC_0246

タイトルは……「グレ……グリ……」
忘れますた( ゚Д゚)

いわゆる拡大再生産もので、タイルを獲得してゆき勝利点を稼ぐというものです。

ただ、獲得の仕方が変わっていて、中央ボードに描かれているすごろくのようなマスに自分の駒とタイルを並べ、一番後方にいる駒から好きなタイルの元へ移動し獲得します。
取ってタイルの位置によってはずっと俺のターンも不可能ではありませんが、タイルはランダムに山札から引かれますし、獲得コストがあるものもあるのでそうはうまくいきません。

またタイルには道や川が描かれているものがあり、それを繋げないと隣接することができないのや、タイル上のミープル駒が隣接していないと配置できないなどいくつか制約もあります。

そして、タイルの中には獲得することで特殊カードが手に入るものもあります。
それにより、一気にアドバンテージを稼ぐ方もおられました。

筆者はタイル獲得に遠くまで移動し過ぎて、なかなか自分の手番か回ってこなかったり、取るタイルの選択をミスしたりと伸び悩み。
確実に勝利点稼ぎを目指していた方が勝たれました。

やはりこういうゲームは堅実さが一番……いえ、やはり一発どかーんとロマンを求めないとね( ゚Д゚)
次する機会があればもっと大胆に行きまっす。

予定より時間がかかったものの、Yさんが「ハゲタカのえじき」をやりたいとのことで、それをラストにボードゲーム会は閉幕となりました。
お疲れ様でした。

他の卓では「コードネーム」や「フレスコ」もやっていたようですね。

というわけで、15日のボードゲームカフェも含めると2連チャンとなりましたが、どちらも充実し、楽しかったです^^
オリジナルゲームの参考にもなりましたしね!

では、次回9月にお会いしましょう。
またのお越しをお待ちしています。
もちろん新規さんも大歓迎-☆