4月15日土曜日に、第27回和歌山ボードゲーム遊戯会が催されました。

今回も把握できた自分の卓のみ書かせていただきます。

「ブラッドバウンド」
人狼系ブラフゲーム。
2つのチームに分かれますが、相手が何かというのは左隣のプレイヤーのことしか分かりません。
攻撃するたびにじょじょに正体が明らかになり、最終的に相手のリーダーを倒せば勝ちとなります。
各役職には効果があるものの、筆者はそれを生かすことができず。
どのタイミングで使用するかが肝でしょうか。
もう少しやりこんだら分かって来るかもしれません。

「バルバロッサ」
各人が2個粘土で作品を作り、当て合うゲームです。
作品はすぐに分かったものもあればなんだこれはと思うものもあり。
そんな中でダイスを振ってアクションを決め探って行きます。
順調に他の粘土細工を当てるものの、自分のはいっこうに相手にされず。
このゲームでは当てられなかったら最終的にマイナスポイントを受けてしまうのでピンチな状況に。
結局どうすることもできず筆者の作品だけがポツネンと残ってしまい手痛い失点を食らいましたorz

「シンデレラが多すぎる」
以前やったことあるのですが、その時はもやもやっとして面白みが分からず。
手札からシンデレラ候補の書かれたカードを出してゆきます。
その下の欄には「not何々」と記されていて、他のシンデレラにそのアイコンがあれば候補から脱落してしまいます。
各人1回だけそれを防ぐことができるのですが、狙い通りになかなか行かないジレンマゲームでした。
今回は自分のシンデレラを仕立て上げるべくやりくりでき、楽しかったです。

「キャット&チョコレート日常編」
手札から指定された枚数のカードを使って、お題カードをいかに解決するかを競い合います。
言ってみれば大喜利みたいなものですが、1枚ならなんとかなるけど2枚3枚と余分に提示しなければなせないというのが悩ましいゲームです。
さらに他のプレイヤーのものなら答えられるのに自分のは駄目駄目とかはお題の巡り合わせもあります。
筆者は自信がなく言葉をごにょってましたが(^^;

「お邪魔物2」
お邪魔物の拡張カードで、役職やアクションカードが増えました。
基本は通路カードを出し、金か石ころの伏せられているゴールカードを目指します。
最後に金に繋げたプレイヤーの役職によってポイントが得られるかどうか変わってゆくのです。
築かれる道は大きく迂回したりふさがれたりとターンが進むごとに変化していきます。
ラウンドも進めばアクションで封印ばかりされる高得点プレイヤーが居たりと邪魔し合うこともあれば、手助けすることもあり。
確かに無印のお邪魔物よりもやることが増えた感じです。
しかも大人数対応なので盛り上がれますね。
とは言え筆者はいいとこがありませんでしたが^^;

「桜降る世に決闘を」
2人対戦のカードゲームです。
お互い7枚のデッキを構築し対戦します。
カードが使用できるかどうか桜の花びらで現わされる間合いの数によって変動し、間合いは集中力を消費したりカードを捨てることで調整できます。
でもそれが意外に難しい!
デッキに組んだものの、間合いが届かなかったり逆に近すぎて使えないことが多々あり、調整が思い通りに行かないのです。
相手の行動によっても間合いが変動するので、なかなか思い通りにはいきません。
ですがその間合い調整が楽しい部分でもあるのです。
きっともっとプレイイングになれて思い通りにカードを使えたら白熱するのではないでしょうか。
デッキの組み合わせも多種多様にありそうですし、まだまだやり込めるゲームだと思います。

以上が把握できたゲームです。
他の卓では「バヌアツ」や「キングドミノ」などもプレイされてました。
最終ゲームで遊ばれていた「チャオチャオ」も盛り上がってましたよ^^

今回も盛況だった和歌山ボードゲーム遊戯会。

次回は5月になりますが、
5月6日には昼の11時からボードゲームカフェも同じ山﨑邸内で営業しますのでよろしくお願いします。
また詳細はおって告知しますね。
昼間からボードゲームで盛り上がりましょう!