和歌山ボードゲーム遊戯会

和歌山県紀の川市粉河にある古民家・山﨑邸。
現在は創cafeというお店が入っており、そこのスペースをお借りしてボードゲームを楽しもうという会です。

カテゴリ: 遊戯会

梅雨明けが近づき、夏本番といった暑さのこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
7/15の土曜日、第30回を迎えた和歌山ボードゲーム開催されました。暑さの中でも、それに負けない熱いゲームが繰り広げられていましたよ!

私が最初に参加したのは『ドミニオン』。カードを買って自分のデッキを強化していくゲームです。
今回は代表の希望で「呪い」や「ポーション」という特徴的なカードを扱える「暗黒時代」「錬金術」からランダムにピックアップしたカードセットでの対戦となりました。
三人でのプレイでしたが、代表は希望通り「使い魔」で他人に呪いをばら撒き、筆者は「錬金術師」でひたすらドローを進め、もう一人のプレイヤーは「ゴーレム」でデッキをめくると、三者三様のゲーム展開に。残念ながら筆者は最下位となってしまいましたが、「錬金術師」コンボをするのはとても楽しかったです!
やはり、同じゲームでもプレイヤーが変われば感想も変わるものですね。ドミニオンというゲームの懐深さに触れられたような気がしました

二卓目は『キャッチ・ザ・ムーン』。
securedownload
雲の上の月を目指してハシゴをかけていくアクション要素の強いゲームですね。出来上がった月へのハシゴの芸術的構造も魅力です。
筆者は残念ながら最下位という結果でしたが、ドキドキ感が素晴らしい! 一見かかりそうにないハシゴが次々に架けられていくのは見ているだけでも楽しいものです。
ルール的には難しいゲームではないので、難しいルールを覚えるのが苦手な方にもオススメの一作です。

次のゲームは『イントリーゲ』。
securedownload (1)
「友情破壊ゲーム」という触れ込みで始まったこのゲーム。それぞれに大学の経営者となって他プレイヤーの大学に職員を派遣し、最終的に最もお金を稼いだものが勝ちというゲームですが、賄賂あり裏切りありのシビアなゲームでもあります。
このゲームで特筆すべきはやはり交渉の面白さですね! 仲良くしたい相手には適度に優遇したり、いい関係を保ちつつも、ここぞというところでは裏切りも考えに入る。なるほど「友情破壊ゲーム」も看板だけではない、しかし、それこそが面白いゲームでもありました。また是非プレイしたい一作ですね。

四つ目のゲームは『キングドミノ』。
securedownload (2)
プレイヤーはそれぞれ城の主となり、その城周辺の環境を調査することで自分の持っている土地にどれほどの価値があるのかを確かめていきます。めくられたタイルをどう配置するか? タイルを選ぶ順番をどうするか? 最終的にキレイな5×5に収まる領地を目指していきます。
希少だけど点の高い洞窟や、数は多いけれど点数は低い森など多種多様な領地が出来上がっていくのも楽しみの一つですね。
筆者は森をメインに集めて46点。一位の方が48点だったので一歩及ばずという結果でした。初プレイとしては健闘できたかな? タイルの出次第ではまったく違うゲームになるはずなので、またプレイしたい作品ですね。

次は『Bimbado』。
キャッチ・ザ・ムーンに似ていますが、こちらで積むのはハシゴという引っかかる場所の大きいものではなく、軽い木の棒。当然安定する置き方も難しく、同系統とはいっても全く別のプレイ感覚でした。
筆者は途中で積まれた山を全て崩してしまい、それをすべて引き取ることに……。当然、最下位になってしまいました。
リベンジしたいですが、どうもアクション要素があるゲームは不得手なので同じような結果になる気も……。

六ゲーム目は再度『ドミニオン』。
日本語版のプロモーションカードを全て採用した変わり種のサプライでのプレイとなりました。
「サウナ/アヴァント」のカードがとても強い! しっかりとパーツを買い集めたプレイヤーさんのデッキを引ききる戦術で大ハマリ! 猛威を振るって一位となりました。
筆者は「公使」を使ったデッキで金貨を買い集めるプレイをしましたが、惜しくも二位。「公使」はドローが進み序盤は強いのですが、後半になると金貨を落とされてしまい、大きな効果を得難い一面も。他にも色々と魅力的なプロモーションカードは多かったのでやってみたい戦術は多かったのですが、高速のゲーム展開についていけず採用できなかったカードも多かったのが残念です。
こういったとんでもないアクションカードの応酬も『ドミニオン』の醍醐味。現実でやるからこそ、どんどんとカードが場に出ていくのが面白い! 電子ゲームでは得難い快感ですね。
『ドミニオン』についてはまだやったことのない戦術や使ったことの無いカードが多数存在するので、もっと遊んでみたいですね。

最後のゲームは『インサイダー』。
「マスター」と「インサイダー」しか知らないお題を当てることに挑戦しつつ、「インサイダーが誰か」を推理するゲームです。考えることが多く、「インサイダー」を発見するのは至難の技でした。
単にお題にたどり着くだけでも大変なので、どういうプレイングをするべきか難しいですね。一般人役にしかなれなかったので、次やる機会には「インサイダー」または「マスター」役をやってみたいものです。

私が参加していなかった卓では『ドラゴンイヤー』『Dixit』『カルカソンヌ』『ダイスフォージ』などがプレイされていたようですよ!

初めての方も歓迎の和歌山ボードゲーム遊戯会。8月も定例通り第3土曜日に開催予定なので是非お越しくださいね

以上、前回に引き続き、Sさんが書いてくださいました-☆

雨の降らない空梅雨ですがいかがお過ごしでしょうか。
去る6月17日土曜日、第29回和歌山ボードゲーム遊戯会が開催されました。
今回からレポートライターのバトンを受け取り、私、新人ライターが活動の模様をお伝えします!

さて、今回も盛況だった遊戯会。約25名ほどの方々がそれぞれに楽しんでゲームを遊ばれていました。
家族連れの方や女性も混じって、とても盛り上がっていましたよ!

私がまず参加したのは名作『ドミニオン』。カードを買うことで、自分のデッキを強化していくゲームですね。
初プレイの方がお二人、まだ二、三回目のプレイという方もいらっしゃったので、『最初のゲーム』セットでのプレイでした。
案の定民兵が幅を利かせる中、金貨を買い漁った筆者が無事得点一位! 既プレイの面目を保ちました。
他のプレイヤーの方々も楽しそうにプレイされていて、『ドミニオン』が好きな筆者は感激でした。
遊戯会では、基本セットの他に『陰謀』『望郷』『海辺』を用意しています。興味を持たれた方は是非お越しください!

二卓目は『ダイスフォージ』。ダイスを振ってお金を得て、そのお金でダイスを自分の好きなように強化していくというかなり凝ったゲームです! ただ出目に頼るだけではない戦術の豊富さが魅力のゲームですね。
行動自体はダイスを振って買い物をするだけとかなりシンプルで分かりやすく、それゆえに面白い!
また他プレイヤーの手番でも自分のダイスを振りリソースや勝利点を得ることができるので、自分のターンを待つモヤモヤが少ないのも長所でしょうか? 進行もサクサクとしていて凝った作りながら遊び心地がかなり軽く面白かったです!
筆者は残念ながら4人プレイで3位とふるわない結果でしたが、とてもいいゲームだと感じました。このゲームは参加された方が持ってきてくれたゲームなのですが、もしかすると、遊戯会の方で買うことになるかも…? 代表と相談しておきますね!

三卓目は『桜降る代に決闘を』。1VS1のカードゲームで、先に相手のライフをゼロにすれば勝ちというTCGプレイヤーには馴染みのあるゲーム展開ながら、相手を見てからその場でデッキを組むという一風変わった要素があり、同人ゲームながら筆者がイチオシしているゲームです!
今回はゲームの説明を兼ねたお試しデッキでの対戦で、醍醐味である構築は味わえませんでしたが、敗北を喫し、とても悔しい思いをしました……。うまくインスト(ゲーム説明)ができなかったのも悔やまれるところです。
第二拡張が夏頃に来ることがアナウンスされていますし、全国大会の開催等もあるようで筆者が個人的に応援しているゲームです。
これも遊戯会で遊ぶことができるゲームなので、もしも興味があるという方は是非筆者とプレイしましょう! セットを所有していて、同キャラも選択できるルールで遊んでみたいという方も歓迎です! 手に入る限りは、拡張も買い揃えていく予定ですよ!

四卓目は『コードゼクス』。6文字の単語の頭文字だけの情報から正解を導く頭脳ゲームの一種です。
例えば「RMARMN」は「レミオロメン」(Aはアイウエオに対応)。「PRZANN」は「パリジェンヌ」といった感じですね。
ヒントを貰う前に正解が分かってしまうこともあれば、ヒントのせいで迷いこんでしまうこともあり、面白いゲームですね。
ではここで問題です。「HRNTAM」は何のことでしょう?
ヒントは「テレビでよく聞くフレーズ」です。分かるでしょうか?

私が参加していなかった卓では『7WONDERS』『ナショナルエコノミー・メセナ』『ファミリア』『カタン』などがプレイされていたようですよ!

回を重ねるごとに賑やかになっていく和歌山ボードゲーム遊戯会。
商業ゲーム・同人ゲーム・自作ゲームの持ち込みも大歓迎!
来月も開催予定なので、是非遊びに来てくださいね!!

5月20日土曜日に、第28回和歌山ボードゲーム遊戯会が催されました。

今回は子どもさんがたくさん来てくださいました。

小さなお子さんは、
「ハゲタカのえじき」「お化けキャッチ」「さるも木からおちる」「アクエリアス」「プロックス」「スパゲッティ」などを楽しまれ、
大きなお子さんは「お邪魔物」「カタン」「犯人は踊る」「ごきぶりポーカー」などで白熱していました(^^)

もちろん大人も負けじと、軽いものから重量級のゲームまで楽しまれていましたよ。

今回はお子さんと大人が混じり合うことは少なかったですが、年齢性差に関係無くできるボードゲームもありますので、今度はみなさんでワイワイとやりたいですね。

それと次回からは、ご提案により自作ゲームをそっと置いとけるスペースも作りますぞw

商業から同人のゲームまで、ぜひ遊びに来てくださいませ。



4月15日土曜日に、第27回和歌山ボードゲーム遊戯会が催されました。

今回も把握できた自分の卓のみ書かせていただきます。

「ブラッドバウンド」
人狼系ブラフゲーム。
2つのチームに分かれますが、相手が何かというのは左隣のプレイヤーのことしか分かりません。
攻撃するたびにじょじょに正体が明らかになり、最終的に相手のリーダーを倒せば勝ちとなります。
各役職には効果があるものの、筆者はそれを生かすことができず。
どのタイミングで使用するかが肝でしょうか。
もう少しやりこんだら分かって来るかもしれません。

「バルバロッサ」
各人が2個粘土で作品を作り、当て合うゲームです。
作品はすぐに分かったものもあればなんだこれはと思うものもあり。
そんな中でダイスを振ってアクションを決め探って行きます。
順調に他の粘土細工を当てるものの、自分のはいっこうに相手にされず。
このゲームでは当てられなかったら最終的にマイナスポイントを受けてしまうのでピンチな状況に。
結局どうすることもできず筆者の作品だけがポツネンと残ってしまい手痛い失点を食らいましたorz

「シンデレラが多すぎる」
以前やったことあるのですが、その時はもやもやっとして面白みが分からず。
手札からシンデレラ候補の書かれたカードを出してゆきます。
その下の欄には「not何々」と記されていて、他のシンデレラにそのアイコンがあれば候補から脱落してしまいます。
各人1回だけそれを防ぐことができるのですが、狙い通りになかなか行かないジレンマゲームでした。
今回は自分のシンデレラを仕立て上げるべくやりくりでき、楽しかったです。

「キャット&チョコレート日常編」
手札から指定された枚数のカードを使って、お題カードをいかに解決するかを競い合います。
言ってみれば大喜利みたいなものですが、1枚ならなんとかなるけど2枚3枚と余分に提示しなければなせないというのが悩ましいゲームです。
さらに他のプレイヤーのものなら答えられるのに自分のは駄目駄目とかはお題の巡り合わせもあります。
筆者は自信がなく言葉をごにょってましたが(^^;

「お邪魔物2」
お邪魔物の拡張カードで、役職やアクションカードが増えました。
基本は通路カードを出し、金か石ころの伏せられているゴールカードを目指します。
最後に金に繋げたプレイヤーの役職によってポイントが得られるかどうか変わってゆくのです。
築かれる道は大きく迂回したりふさがれたりとターンが進むごとに変化していきます。
ラウンドも進めばアクションで封印ばかりされる高得点プレイヤーが居たりと邪魔し合うこともあれば、手助けすることもあり。
確かに無印のお邪魔物よりもやることが増えた感じです。
しかも大人数対応なので盛り上がれますね。
とは言え筆者はいいとこがありませんでしたが^^;

「桜降る世に決闘を」
2人対戦のカードゲームです。
お互い7枚のデッキを構築し対戦します。
カードが使用できるかどうか桜の花びらで現わされる間合いの数によって変動し、間合いは集中力を消費したりカードを捨てることで調整できます。
でもそれが意外に難しい!
デッキに組んだものの、間合いが届かなかったり逆に近すぎて使えないことが多々あり、調整が思い通りに行かないのです。
相手の行動によっても間合いが変動するので、なかなか思い通りにはいきません。
ですがその間合い調整が楽しい部分でもあるのです。
きっともっとプレイイングになれて思い通りにカードを使えたら白熱するのではないでしょうか。
デッキの組み合わせも多種多様にありそうですし、まだまだやり込めるゲームだと思います。

以上が把握できたゲームです。
他の卓では「バヌアツ」や「キングドミノ」などもプレイされてました。
最終ゲームで遊ばれていた「チャオチャオ」も盛り上がってましたよ^^

今回も盛況だった和歌山ボードゲーム遊戯会。

次回は5月になりますが、
5月6日には昼の11時からボードゲームカフェも同じ山﨑邸内で営業しますのでよろしくお願いします。
また詳細はおって告知しますね。
昼間からボードゲームで盛り上がりましょう!

3月18日土曜日に、第26回和歌山ボードゲーム遊戯会が催されました。

今回も大盛況のため、すべての卓の把握は無理でしたので自分が関わったゲームのみご報告させていだきます。

まずは「ラビリンス」をプレイしました。
ボード上には迷宮の道が描かれたタイルが並べられ、それを端から押し出す形でタイルを移動させることにより、自分が得たい宝ものの描かれたタイルまでの道を作って獲得するというものです。

最初のお宝はすぐ隣にあったのでたやすく手に入れられたものの、その他は道が繋がって無くて、たどり着けるのかと心配になりました。
タイルは自分だけでなく他の方も動かすので、理想の手順を見つけても「動かされちゃったん」という状況にもなり、終始詰め将棋を解くような感覚でした。
それでも後半、筆者はテンポ良くお宝をゲット!
そして珍しく勝利を得ることができました。
昔のゲームらしいのですが、今でも十分に通用する面白さがあると思います。

お次は、2組のご家族さまを交え、お子さんでもルールが分かりやすく楽しめるものをチョイス。
まずは「ドブル」から始めました。
ドブルは丸いカードにいくつか描かれたイラストが、他のカードと必ずひとつ共通するものがあるというデザインがされています。
それぞれが手札を持ち、中央に置かれたカードと共通するイラストがあればその名前を叫んで出してゆき、手札を出し切ると勝ちというルールでプレイしました。
手番はなく、早い者勝ち。
しかし同じイラストが必ずあるはずなのに、なかなか見つけられません(^^;
大人はどうしてすべてのカードに共通するイラストがあるのか不思議に思いつつ、子どもさんはテンポ良く獲得していました。

お次は「ナンジャモンジャ」をプレイ。
1枚にめくられた場合、そこに描かれた不思議生物の名前を付けます。
2枚目からは付けた名前を呼ぶことでそれを得られるというもの。
大人はすぐに忘れてしまいますが、お子さんたちは素早くカードを獲得していきます。
記憶力だけでなく反射神経でも子どもに負けていました(^^;

ドブルといいナンジャモンジャといい、柔軟な頭のお子さんの方が強いかもしれませんね。

お次は「お化けキャッチ」をプレイ。
カードに描かれているアイテムを取るか、描かれてないアイテムを取るか。
Kさんの神がかり的なインストと進行によって子どもも大人も楽しめました^^
筆者もKさんのように熟達したいものです。

お次は、「ワードバスケット」。
バスケットにあるカードの言葉で始まり、手札の言葉を終わりとしてしりとりを作り、先に手札を無くしたプレイヤーの勝ちというもの。
これは本当に言葉が出て来ない。
さすがのお子さんたちもかなり悩まれていました。
行き詰まったときは手札を総入れ替えしつつも、みんなで頭をひねります。
ですが、うまくしりとり言葉が出せたときは気持ちいいですね。

お次は「ハゲタカのえじき」。
中央にめくられた得点の書かれたカードを取り合うというもの。
みんな同じ手札セットを持ち、一番高い数字を場に出したプレイヤーが得点をゲットできます。
しかし、同じ数字の手札が出された場合は次に強い人に繰り下がるので、その読み合いも生まれるのです。
また、マイナス点のカードもあり、それは一番低い数字を出したプレイヤーが取らなくてはいけません。
みなさん一喜一憂しながら楽しんでおられました。

お子さまとお母さま方はここで帰られ、筆者は他の卓を冷やかして回ります。
ゲームマーケット神戸でNさんが購入なされた「コードゼクス」を外野から強制参加。
これは並べられた6枚のカードから6文字の答えを導き出すというもの。
こういうの苦手だと思っていましたが、以外に素早く答えを見つけられ、これは向いているかもと調子に乗りました。
ですが、見当違いの言葉にハマってしまうとなかなか抜け出せませんね(^^;

お次は「ディクシット」をプレイ。
親が1枚の手札のイラストから思いついたイメージを言って、他のプレイヤーも自分の手札からそのイメージに合うものを選び、その中から親のカードを当てるというものです。
最初はとまどっていたプレイヤーさんたちも、コツをつかんでからは順調にイメージを出されます。
そんな中、筆者はめずらしく怖いくらい調子が良い。
この人ならこれを選びそうと本当に軽い気持ちで心理を読んでいたのに的中し、ぶっちぎりで勝利を得ました。
参加者はお若い方ばかりでしたが、おっちゃんな筆者も負けまへんで!
みなさんも気に入ってくださり、楽しんでおられたようで良かったです^^

その後、筆者はWさんと「紀州式マンカラ」と「ウクレレ」をプレイ。
どちらも運がからまないアブストラクトゲームでしたが、マンカラは勝てず。
相手か自分の駒を飛び越えてしか移動できないウクレレは、途中ダメかもと思うときもありましたが、2手ぐらいの差で、すべて相手の陣地に自分の駒を置くことができ、からくも勝つことができました。

開催するごとに参加者さんが増えている感がある和歌山ボードゲーム遊戯会。
卓が複数立つと運営も把握しきれなくなって来ますが、熟練のボードゲーマーさんが多数おられますのでいつも助けられています。

さて、4月から遊戯会の仕組みが少し変わります。
何かしらゲームを持って来てくださった方もふくめ、一律100円をいただくことになりました。
値下げではあります。
このお金は遊戯会の運営に使わせていただきますので、よろしくお願いします。
今まで通り初回は無料です。

それでは新年度からもボードゲームを大いに楽しみましょう!

このページのトップヘ