和歌山ボードゲーム遊戯会

和歌山県紀の川市粉河にある古民家・山﨑邸。
現在は創cafeというお店が入っており、そこのスペースをお借りしてボードゲームを楽しもうというゲーム会です。

タグ:ボードゲーム

カフェの仕事終わりにもボードゲームで遊ぶことがあります。

本日は購入したてのバトルラインをプレイ。
日本語版はプレミアが付いてもの凄く高いので、和訳ルールの入った英語版ですが、ルールは至ってシンプルなのでインストに問題はありませんでした。

ですが、ルールはシンプルでも奥が深い!
カードを出し役を作ってゆくだけなのに、どの役を狙うか、どっちの役に方向を定めるか、でもすでに必要なカードは場に出されているので出来ないなど、駆け引きやジレンマがほどよくミックスされており、もう一回もう一回とやりたくなります。
また、効果付きのカードを加えることでさらにやり応えがあるものに

筆者は初戦に勝ったものの、遊戯会代表のTさんが本領を発揮すれば歯が立たず。
しかもTさんはただ勝つだけでなく、自分自身に制約を貸し、その条件を満たす勝ち方を目指しても勝ってしまうので凄いと思います。

えっ? 筆者が弱い?
下手の横好きですみません!

でも筆者の場合は過程がいかに楽しいかというのも大事なので、ボードゲームを遊べるだけでもいいのですよ。
そりゃ勝ちたいですけどね……。

ボードゲームはやっぱり面白いということで。
ご興味のある方は、和歌山ボードゲーム遊戯会にぜひともご参加くださいませ^^

昨日、カフェご利用のお客さまがボードゲームで遊んでくださいました。
その方たちは3名様で、白浜から来ていただいたそうです。

当初はボードゲームがあることは知らなかったようですが、メニューファイルに挟まれてあった小冊子をご覧になって興味を持っていただき、山﨑邸文庫室にてゲームをご提供。
カフェの営業時間外でスタッフも手が空いてましたので、常設のガイスターやローゼンケーニッヒだけでなく、遊戯会のゲームも含め、みんなでワイワイとプレイしました。

最後のシメは全員で「お邪魔者」を。
やはり大人数で遊べるゲームは盛り上がって楽しいですね。
このゲームを気に入ってくださり、購入しようかなとおっしゃってました。
そうやってボードゲーマーが増えてゆくのは素晴らしいことです。

また、3人の内お一人の男性は、TCGにも精通しておられ、ぼっちゲーマーとしてTCGをかじったことのある筆者と話が合いました。
遊戯会代表には、二人がTCGで盛り上がっている中、他の人たちはぽかーんとしていたと云われましたが(^^;
でも対戦相手が居なかった筆者には語り合うことも出来なかったので嬉しかったのですよ(⊃ω`)
きっとそういうゲーマーさんは多いはず。
和歌山ボードゲーム遊戯会はそんなぼっちゲーマーさんにも救いの手を差し伸べています。
TCGを持ち込んでもいいですよ^^

今回のように遊戯会だけでなく、カフェのご利用でもボードゲームで遊んでいただければ。
ボードゲームは楽しいですからね (*´ω`*)

山﨑邸にある創cafeの営業時間にもボードゲームで遊ぶことが出来ます。
カフェスペースが混雑している時は無理ですが、その場合でも山﨑邸文庫という図書室で遊んでいただくことが可能です。
そこはもちろん普段からも。

用意しているゲームは主に2人対戦用です。
代表的なものとして将棋とチェスがあり、
他には、

フェンスという壁で相手の行く手を阻み合うコリドール。
薔薇戦争をモチーフにした陣取り、ローゼンケーニッヒ。
正方形のブロックを動かして、連鎖させながらテトリスのような形を作る、パズルチックなテトラコンボ。
相手の心理を読みながらオバケ駒を取り合う、ガイスター。

などがあります。

無料ですので、ちょっと遊んでみたいというお気楽な気持ちで遊んでくださいませ。
メニューファイルにもルールを簡単に説明した小冊子が挟んでありますので、ご参考までに。

このページのトップヘ